【地震の対策に!!】基礎コンクリート補強工事 築37年木造住宅(埼玉県狭山市)

年間7000件を超える施工実績を元に、資格を持った専門スタッフが迅速丁寧に対応させていただきます。 出張料、お見積りは無料となりますので、まずはご相談ください。
アラミド繊維シート 地震対策

本日の施工紹介は、10年前から弊社で床下のメンテナンスをさせていただいているお宅で実施したアラミド繊維を使用した連続繊維補修・補強工法(基礎コンクリート補強工事)の施工の様子です。

基礎コンクリート補強工事の作業の様子

基礎コンクリート補強はなぜ必要なのか、、、

理由はいくつかありますが、簡単に言うと家を長持ちさせること。
コンクリートの耐久年数は30年から50年と言われています。

基礎コンクリートは、強度を上げる為に内部に鉄筋が入っていて、アルカリ性のコンクリートで覆うことで錆(腐食)を防いでいますが、ひび割れなどにより内部に雨など湿気が入ることで鉄筋に錆が発生し、錆で膨張した鉄筋がコンクリートを破壊し、更にひび割れが拡大し耐久性や強度が落ちていきます。そうなってしまうと地盤沈下や地震の際の衝撃に耐えられず、最悪の場合建物の崩壊を招いてしまうのです。
基礎コンクリートは土台と言われるように、上に乗っている建物を支えていますので、その土台が、ヒビ割れや地盤沈下などで数センチずれただけで建物の扉や襖が締まりづらくなったりするほど、木造建築にとって土台となる基礎コンクリートは家の安全性や耐久性を左右する非常に重要な役割を担っています。

施工準備

作業準備
① 今夏の作業で使用する材料や道具
開口部
② 台所にある床下収納庫を外し、床下への出入り口にします。
床下からホコリや臭いが上がってくるので周辺をしっかり養生します。
養生
③ 台所はこのようにしっかり養生しますが、作業中でも他の部屋は普段通り使っていただけます

施工の様子

掘り下げ
④ 施工範囲をより広くとるために、フーチングと言われる
「T」を逆にした部分まで土を掘り下げます。

※フーチングとは、「T」の字を逆さにしたような部分の事で、横方向に広げる事で基礎コンクリートや建物の荷重を受け止め安定させる役割を持っています。
汚れ落とし
⑤ ホコリや汚れがあるとこの後に塗る材料の密着不良を招くので
ブラシを使用し、しっかり汚れやホコリを落とします。
プライマー塗布
⑥ プライマー塗布
剥がれなど施工不良を起こさないよう、塗る材料を確実に
基礎コンクリートに密着させるためにプライマーを塗ります。
下塗り
⑦ 下塗り
タフロンという、カーボンチョップ(炭素繊維の破片で強度を強くするために使用される)が入ったエポキシ樹脂の材料をゴムベラを使用し均一に塗ります
アラミド繊維シート
⑧ アラミド繊維シートの貼り付け
下塗りが乾く前に、素早く張り付け脱泡ローラーで空気を抜きつつ
下塗りの材料がアラミド繊維シートの繊維の隙間になじむよう作業します。
上塗り
⑨ 上塗り
下塗りで使用した材料を同じタフロンを、ここでも前工程と同じように
ゴムベラで繊維になじませながら均一の厚みになるよう塗っていきます。
仕上がり
⑩ 仕上げ
掘った土と調湿剤をもとに戻し仕上がりです。
これで、施工個所は新築時と同じかもしくはそれ以上の強度を得て、今後の劣化も防ぎます。
ビフォー
⑪ ビフォーA
アフター
⑫ アフターA

終わりに

 今回の施工範囲は6メートルで、弊社では1mあたり35,800円なので214,800円の施工料金でした。
 決して安い施工料金ではありませんが、新築時以上の強度を得ることができ、更に劣化も防ぐことで、地震に強く、安心して長く住むことが出来るようになります。
基礎コンクリート面すべてに有効な施工メニューですが、ご予算や基礎コンクリートの状態にあわせお客様にとって最適な提案をさせていただいております。
いつ起こるともわからない大地震から家族を守る備えとしても、家族が安心していつまでもお住まいになれるお手伝いをさせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました